高知名産・ゆずの香りがする卵「ゆずたま」

TKGにオムライスに卵焼きにたまごサンドにパンケーキにプリンに……

と、私たちが日頃お世話になっている「美味しいもの」の多くに使用されている「卵」。

実は高知県で生産している卵に「ゆずの香りがする」という不思議な一品・・・

 

それが、高知県は南国市で生産されている「ゆずたま」です。

 

オススメの食べ方はTKG(卵かけごはん)。

「ゆずたま」最大の魅力である「ゆずの香り」を堪能するには、生で食べるのが一番なんです。

パカッと割った卵をごはんの上にかけて、塩をひとつまみふりかけたら……、

 

ゆずの風味が際立ち、なんども言えない贅沢なお味に!

でも不思議ですよね。一体、どうして卵からゆずの香りがするのでしょうか?

 

鶏の飼料にゆず皮!?

その答えのひとつは、「鶏の飼料にゆず皮を加えている」ということ。

「答えのひとつ」と書いたのは、ほかにも工夫があるからなのですが……、それは企業秘密のため公開はしていないそうです(残念!)。

 

使用しているのは、化学系肥料・農薬、除草剤などを一切使用せず、自然に近い形で有機栽培に準じたゆずづくりをしている、高知県馬路村のゆず皮です。

 

そのほかにも、

  • 遺伝子組み換えをしていないトウモロコシ
  • ゴマ・海藻
  • 電子イオン水

と、こだわりの光る飼料と水を使用しており、栄養価や安全性といった面でも太鼓判の押せる商品です。

 

これまで卵特有の生臭さが苦手だった人たちから、 「これなら生臭くないので食べられる!」と喜ばれたという「ゆずたま」。

一回食べてみたいという人は、毎月10日「ゆずたまの日」に2階レストラン「TOSA DINING おきゃく」のランチタイムで1個サービスしているので、ぜひ試してみてはいかがだろうか?

◇「ゆずたま」が紹介された『ロケットニュース24』の記事はこちら

◇『まるごと高知 ゆず活部』で紹介した「ゆずたま」の記事はこちら

> イベント一覧へ戻る